2012年03月02日

向精神薬には数多くの副作用が


ラベル:向精神薬
posted by パキパキ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

SSRIの危険性

posted by パキパキ at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬が脳をコントロールしている

posted by パキパキ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬物療法について

ラベル:薬物療法
posted by パキパキ at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

セロトニン再吸収阻害型

セロトニン再吸収阻害薬について新たな発見があります。吸収阻害薬を飲んでも、セロトニンそのものがほとんど分泌されていない場合、阻害しても効果が薄いということです。もともと無いわけですから。

drug.jpg


ところが、意外な盲点があって、急にセロトニンが多く出るときがあるわけです。急に興奮したり、何かの原因であわてたりしたときに、阻害しているわけですから、突然セロトニンが増えてしまいます。

急性の場合は、急に怒って怒鳴り出したり、大変興奮して落ち着かなくなります。突然、興奮したり、とても落ち込んだり、アップダウンが激しくなってきます。ましてや、普段何もないときは、阻害薬が効果が薄いということで、量を増やしていたりすると、よけいその現象が強く出ますから、大変ですね。

薬はコントロールが慎重です。

人気ブログランキングへ←押しても何の利益にもなりませんが、よろしければお願いします。
ラベル:再吸収疎外
posted by パキパキ at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

「心療内科へ行ったほうがいい」というアドバイスは

人に心療内科を勧める人の6割は自分で心療内科へ行ったことがないそうです。
心の疲れや悩みで病院へ行こうか迷っている人は多いと思いますが、人に相談
すると病院へ行くことを勧める方も多いと思います。ところが、人に勧める方で
実際に自分が行ったことがない場合が多いのです。

本当は、心療内科でどんな治療をして、どんな薬をのんで、どんな副作用があるのか
きちんと知った上で判断するほうが望ましいです。一度医者で病気と判断されると、
本格的に病気になってしまうこともあります。一度薬を飲み始めると、それを中断
できなくなることもあります。もちろん、本当に薬が必要な方もいらっしゃいますが
なるべく、薬をのまないに越したことはないわけです。

drug.jpg
posted by パキパキ at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

心療内科について

心療内科では基本的にカウンセリングを行っていません。主に問診と薬の処方になります。お医者さんへ行っても、悩み相談をしてくれるわけではなく、薬で気分を楽にするものです。

もしあなたの中に悩みがあり、なおかつ精神疾患治療に急を要するものでなければ、まずはカウンセリングで解決を試みるのも1つの方法です。

人気ブログランキングへ
posted by パキパキ at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬を飲むことについて

もしあなたが、気分が非常に重く優れない場合、薬を飲めば晴れやかな気分になるでしょう。もしあなたが、イライラして落ち着かないのであれば、薬を飲めば穏やかな気分になるでしょう。しかしどうして、もしあなたに悩みがあった場合、薬を飲んで解決されるのでしょうか?

解決されない悩みは薬ではどうにもならない恐れがあります。

drug.jpg
posted by パキパキ at 01:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。